HOME > Pick up > 防カビ > 防カビ剤とは|防カビ関連コラム

防カビ剤とは|防カビ関連コラム

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防カビ剤という言葉を聞いたことがありますか?

防カビ剤は、主に防カビ加工製品、カビ対策製品に含まれているのですが、今回はそんな防カビ剤について解説していきたいと思います。

 

関連ページ

防カビとは

防カビ加工製品とは

 

防カビ剤とは

防カビ剤とは、カビの発生を化学的に防ぐための薬剤(くすり)のことです。防カビ剤を入れた製品は防カビ剤を入れていない製品と比べて、カビが発生しにくくなります。

 

 

防カビ剤の成分とは

防カビ剤の成分には、銀などの無機系、アルコールなどの有機系、ワサビの成分などの天然物系があります。

 

 

防カビ剤が働く仕組みとは

防カビ剤がカビの細胞内部に入り込み、カビの生育に必要な機能を阻害することでカビの繁殖を防ぐことができます。

カビは増えることで、目に見えるようになります。防カビ剤が含まれた製品にカビが付いても、防カビ剤により、カビが増えず発生しにくくなります。

 

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

タグ