HOME > SIAAマークとは

SIAAマークとは

コンテンツトップ画像

抗菌SIAAマークについて

抗菌製品技術協議会(以下、SIAA)が制定した抗菌のシンボルマークです。
次の3つの基準を満たした製品に、SIAAマークが表示されます。
(※繊維製品を除く。繊維製品は別途SEKマークがあります)

SIAAマークの3つの安心

抗菌性
抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一以下であり、耐久性試験後も抗菌効果が確認されること。抗菌性は国際標準ISO22196に準じて行われた試験の結果にもとづいて判定されます。
安全性
SIAAが独自に決めた安全性基準を満たしていること。
適切な表示
抗菌剤の種類、加工部位を明示していること。
SIAAマークは、会員が当協議会ガイドラインへの適合を自己責任において認証する「自己認証を表明するマーク」であり、
かつ品質と安全性に関する情報が公開されていることを示す「品質と安全性に関する情報開示マーク」です。
SIAAマークは、SIAA会員以外は使用できないことになっており、
またその表示方法等の運用については協議会の自主管理によって厳しい市場監視が行われています。

防カビSIAAマークについて

抗菌製品技術協議会(以下、SIAA)が制定した防カビのシンボルマークです。
次の3つの基準を満たした製品に、SIAAマークが表示されます。
(※繊維製品を除く。繊維製品は別途SEKマークがあります)

SIAAマークの3つの安心

抗カビ性
防カビ加工されていない製品の表面と比較し、特定のカビの生育が基準より抑えられることが確認されていること。この試験はJISに準拠しSIAAの試験方法の結果に基づいて判定されます。
安全性
SIAAが独自に決めた安全性基準を満たしていること。使用する防カビ剤は、事前に効果と安全性・使用制限が審査された防カビ剤ポジティブリストに収載されたものを使用することが出来ます。
適切な表示
防カビ加工製品・防カビ剤の登録番号、加工部位を明示していること。登録番号を協議会のホームページで検索すれば、どんな薬剤が使用されているかがすぐにわかる仕組みになっています。
SIAAマークは、会員がSIAAガイドラインへの適合を自己責任において認証する「自己認証を表明するマーク」であり、
かつ品質と安全性に関する情報が公開されていることを示す「品質と安全性に関する情報開示マーク」です。
SIAAマークは、SIAA会員以外は使用できないことになっており、
またその表示方法等の運用については協議会の自主管理によって厳しい市場監視が行われています。

SIAAマークの種類と表示例

ISO 番号付き抗菌SIAAマーク
ISO 番号付き抗菌SIAAマーク
ISO 番号なし抗菌SIAAマーク
ISO 番号なし抗菌SIAAマーク
防カビSIAAマーク防カビSIAAマーク
防カビSIAAマーク
抗菌・防カビSIAA マーク
抗菌・防カビSIAA マーク

安全性について補足

使用抗菌剤及び防カビ剤は、次の安全性試験等を確認したものをを使用しています。
急性経口毒性   飲み込んだときの有害性
皮膚への刺激性   長く触れたときの炎症など
変異原性   遺伝子(DNA)への影響
皮膚感作性   アレルギー

入会のご案内

当協議会の趣旨に賛同される企業・団体を広く募集しています。
入会によるSIAAマークの取得はもちろん様々な企業間交流ができ
新たなビジネスチャンスが得られます。

入会についてもっと詳しく
  • 会員一覧を確認する
  • 規定・申請書をダウンロードする
  • よくあるご質問を確認する
お問い合わせはこちら